UPDATE: 2017-10-21 17:07:52

JPY
JPY
IDR
IDR

119.06480

UPDATE: 2017-10-21 15:20:18

IDR
IDR
JPY
JPY

0.00840

トラストジャパン探偵事務所・インドネシア 夜遊び事情

  • 知識
  • お問合せ

ジャカルタを中心に、夜も賑わうインドネシア

東南アジアといえば、夜の街というイメージは日本人には根付いているようです。物価の安い地域で、日本とは比較にならない低価格で女の子のショーを見ることが出来、売春も横行しています。インドネシアに関してもそれは例外ではありません。駐在員が”インドネシアの夜のお勧めスポット”などのブログを立ち上げているのをたびたびネットで見掛けます。ジャカルタのMブロック、コタ、アンチョールなどは、風俗店なども数多く立ち並び、夜も活気付いています。

インドネシアの夜の街を調査

インドネシアの夜の街の調査は頻繁に当社でも行います。男女のもつれに関する発端、情報収集、出会いの場や経費を悪用する際なども、夜の街、風俗店などが関連しているケースが多いからです。また、夜の街で何かトラブルになってしまったというケースも聞きます。ジャカルタの風俗街、バタム島の風俗街ナゴヤ、スラバヤの大規模な置屋街ドリー、サヌールを中心とするバリ島全域は、特に当社でも調査で良く訪れるエリアです。各都市、各エリアの夜の街の事情が調査の解決の鍵となると言っても過言ではありません。

インドネシア・夜の街の調査事例

単身赴任でスラバヤに居る旦那が愛人を作った可能性があるので状況証拠を押さえて欲しいという調査依頼を頂きました。スラバヤには現在1000人以上の日本人駐在員が生活するインドネシアでは第二の都市ですが、近年の経済成長で日本企業の参入が増えてきております。また、「ドリー」という置屋街が存在し、売春が斡旋されている赤線地帯となっています。調査を行ったところ単身赴任中の対象者はこの地で売春婦と愛人関係になったことがわかり、それに関する映像や写真などの状況証拠を押さえることにも成功しました。

スラバヤでは

スラバヤはインドネシアでも第二の都市と言われており、東南アジアの中でも最大級の置屋街があります。エリア内では1,000人以上もの女の子が働いており、そのお店の数は何と100件を超えるほどのものとなっています。ショーメインのプレイで、一番安いお店ならば、日本円にして700円程度で遊ぶことができるのです。

バリ島では

インドネシアでも日本人には有名な場所として知られるバリ島です。爆破テロの影響により客足が一時遠のいていましたが、現在は平穏を取り戻してきているとのことです。クタビーチは日本人向けのリゾートホテルが多くあるため有名ですが、サヌールという街に夜遊びスポットが存在しています。風俗では番号置屋がメインで、プレイ内容はショートで2,000円から3,000円がメインです。

  • LINE SNS
sns

無料通話アプリで相談!
ID:tanteisoudan